〜電磁界シミュレーションは一歩先の速度へ〜

    圧倒的な解析速度・・・>20,000Mcells/sec


EMPIRE XPUはドイツIMST GmbH社で開発されたFDTD法の電磁界シミュレーションソフトウェアです。
低周波から高周波までの幅広い帯域に対応し、アンテナ開発は勿論、電磁界と材料の相互作用解析やSAR計算など幅広い分野で使用されています。






アンテナ設計・解析 航空機の電磁界解析  IC応答解析 多層LTCC解析
 
 自動車間通信 無線給電近傍ばく露  頭部電磁界ばく露   メタマテリアル研究
     

■特徴
・RAMアクセス速度に依存しない高速演算
・CPUを使ったマルチプルタイムステッピングによる超高速演算
・最大192GB RAMまでアクセス可能
・表皮効果・PML等特殊なFDTD効果を予め用意
・PCによるマルチクラスター化が容易(別途マルチクラスターライセンス要)
・モデルのサイズや形状に依存しない高速な演算
・HDDオプションによりRAMに入らないサイズの解析が可能
【アプリケーション分野】





 CPU別解析規模と速度  CPU世代別解析速度の変遷
   
  モデリング画面  オブジェクトライブラリ
   
 PCによるマルチクラスター解析  PCによるマルチジョブ解析
   

Copyright (C) 2013 NEXTEM Corporation All Rights Reserved.

ホーム 会社概要 製品紹介
ホーム
EMC製品
アンテナ
レシーバ
LISN
アンプ
近傍界プローブ
CDN
クランプ
EMC測定アクセサリー
電波暗室
シールドルーム
シールドカメラ
コムジェネレータ
RFスイッチボックス
EMI測定システム
電磁界シミュレータ
光リンク製品
カメラ製品
新製品情報
サービス
サイトマップ
ニュース&イベント
お問い合わせ